あしやティアフル映画祭 オリジナル作品
短編映画「おべんとう」
Short Film “OBENTO”

声 – 白石聖
料理 – 田中聖子(ごはん屋ヒバリ)
挿入曲 – 小瀬村晶(SCHOLE INC.)
撮影・編集・監督 – 矢野数馬
ティアフル製作委員会
Voice – Sei Shiraishi
Food – Seiko Tanaka
Music – Akira Kosemura
Cinematography, Edit, Directed by Kazuma Yano
Tearful Production Committee

Trans. by William I. Elliott and Katsumasa Nishihara

ソウル国際映画祭 – 最優秀短編作品賞
ヴェネツィア・ショート – 最優秀編集賞 / オフィシャルセレクション
門真国際映画祭 – 最優秀撮影賞 / 優秀作品賞
インディショートアワード・カンヌ – 特別賞
映文連アワード – 部門優秀賞
福岡インディペンデント映画祭 – 優秀賞
国際映画祭シネマ・アンド・ユー – セミファイナリスト
ジャパンカッツ・ハリウッド – オフィシャルセレクション
トロント・リールアジアン国際映画祭 – オフィシャルセレクション
ブエノスアイレス国際映画祭 – オフィシャルセレクション
熱海国際映画祭 – オフィシャルセレクション
モスクワ・ショート国際短編映画祭 – オフィシャルセレクション(4月)
Seoul International Film Festival – Best Short Film
Venezia Shorts – Best Editing / Official Selection
Kadoma International Film Festival – Best Cinematography / Outstanding Performance Award
Indie Shorts Awards Cannes – Honorable Mention
JAAP International Short Film Festival – Outstanding Performance Award
Fukuoka Independent Film Festival – Outstanding Performance Award
International Film Festival “Cinema and You” – Semi-Finalist
Japan Cuts Hollywood – Official Selection
Toronto Reel Asian International Film Festival – Official Selection
Buenos Aires International Film Festival – Official Selection
Mt. Fuji – Atami Film & VR Festival – Official Selection
Moscow Shorts – International Short Film Festival – Official Selection (April)

あの日のおかずは、その人の心でした。
The dishes in an obento are a reflection of “someone’s” heart from ‘then’ until ‘now’.

毎朝、どこかの町のどこかの台所で、おべんとうはつくられる。
手の込んだ、おべんとうの日。
乗っけただけの、おべんとうの日。
おべんとうを持っていくのを忘れた日。
“その人”が寝坊して、おべんとうがない日。
いつだっておべんとうは、ぼくらの日々にそっと寄り添っている。
なのにおべんとうは、普通で、当たり前のこと―。
Obentos have been made somewhere in kitchens in towns every morning.
One day for an obento made with a quite elaborate hand;
One day for an obento made with a quick, simple hand;
One day for an obento left behind on a table by a careless forgetful hand;
One day without an obento because of “someone’s” oversleeping.
An obento stays close beside us day by day.
but strangely enough, an obento is quite common and a matter of course.

おべんとうをつくる、すべての“その人”に捧げます。
This film is dedicated to all those people as “someone” who makes an obento.