あしやティアフル映画祭 第10回記念作品
短編映画「今日の空は大好き」
Short Film “I Love Today’s Sky”

詩 – 谷川俊太郎
主演 – 鳴海唯
エンディングテーマ – 「magic hour」 mamerico
Poem – Shuntaro Tanikawa
Cast – Yui Narumi
Ending theme song – “magic hour” mamerico

撮影 – 濱田英明
ヘアメイク – 竹下綾夏
スタイリスト – 中井彩乃
Cinematography – Hideaki Hamada
Hair and makeup – Ayaka Takeshita
Stylist – Ayano Nakai

撮影協力 – 芦屋市 兵庫県
特別協力 – 芦屋市民センター
製作 – ティアフル製作委員会
Filming cooperation – Ashiya City, Hyogo Prefecture
Special cooperation – Ashiya Citizens’ Center
Tearful Production Committee

監督・ポスター・スチール・編集・カラーグレーディング – 矢野数馬
A film by Kazuma Yano
 
Trans. By William I. Elliott and Katsumasa Nishihara

ロサンゼルス日本映画祭 – オフィシャルセレクション
Japan Film Festival Los Angeles – Official Selection

昨日の空、覚えていますか?
Do you remember yesterday’s sky?

空はいつでも、見上げた先にあるもの。雲が呑気に散らばる今日の空が、私は大好き。今日を想う大切な気持ちは、永遠に続く空のように、明日への希望となる。
The sky always extends beyond your upward gaze. I love today’s sky where clouds scatter leisurely.

詩人・谷川俊太郎が書き下ろした詩「今日の空は大好き」。この未来を照らす詩を、「はじめてのきもち」「おべんとう」を製作したティアフル製作委員会が、オール芦屋ロケで映像化。溢れる心と澄み渡る空を、淡いマジックアワーの光で繊細に包んだ。美しい自然光をリスペクトして、全編ノーライトで撮影した。
The poet Shuntaro Tanikawa wrote a new poem entitled “I Love Today’s Sky”. Based on this poem describing a bright future, the Tearful Production Committee, which had produced the short films “The First Feeling in My Life” and “Obento”, created a third short film entirely on location in Ashiya, a city near Kobe. We presented visual images in an attempt to wrap our overflowing joyous hearts in a perfectly clear sky with the magic finesse of exquisite light. Thinking highly of the beautiful, natural effect of light, we filmed scenes with no artificial light.

主演は、西宮出身の俳優・鳴海唯。谷川俊太郎の言葉に誠実に向き合い、自己でも演技でもない表現を追求。主観と客観を交差した表情が、作品に深い奥行きをもたらしている。
Yui Narumi born in Nishinomiya, a city near Ashiya, played the leading role in this film. She read a Tanikawa poem in a very natural, detached, non-performing art-like sort of voice. Her facial expression, like the point where subject and object meet, gives this film a sense of depth.

限られた少数のスタッフで、高い純度を実現した短編映画。詩人・谷川俊太郎が全ての人に贈る、未来へのメッセージ。
A small number of staff produced this high-quality short film by presenting all of us with Shuntaro Tanikawa’s message to the future.